安全性試験部門

化粧品原料の輸出入、販売に加えて、お客様に万全のサービス体制を提供すべく、試験の受託サービスを提供しております。化粧品成分の安全性の確認から有用性の評価まで一連のデータ提供を行います。

試験受託サービスとは?

国内外のGLP適合試験機関、及び臨床試験機関に委託し、原料から最終製品までの安全性確認、有用性評価まで幅広いデータをご提供致します。
提携先はその実績から日本国内をはじめ、アメリカ、フランスのGLP適合機関となります。
本サービスにより実施スケジュールが明確になり、開発スピードアップ、開発コスト削減など目に見える効果が期待できます。もちろん海外実施の報告書は要望に応じて、ご納品いたします。

安全性試験の詳細

お客様の目的に応じた各種安全性試験項目の実施が可能です。

医薬部外品・新添加物 申請用試験

医薬部外品・新添加物 申請用試験
信頼性が高く、承認実績がある、国内外の試験機関に委託し、
医薬部外品ガイドラインに沿ったGLP準拠試験を実施し、
報告書をご提出いたします。

化粧品成分

化粧品成分・健康食品用 社内担保用試験
社内データ用として、信頼性、試験内容はそのままで、
さらに廉価版としてご提供いたします。健康食品の長期毒性試験も承ります。

安全性試験

in vitro安全性試験
培養細胞を用いた試験をはじめ、各種代替試験法を取り揃えています。
日本国内での実施はもとよりフランスAFSSAPS認定試験機関で、OECDガイドラインや
フランス官報の公定法に従ってGLP準拠試験を実施致します。

ヒト安全性試験

ヒト安全性試験
ヒトパッチテスト、RIPT、スティンギングテスト、コメドジェニックテストのような定型試験から、皮膚科医の診断を含む連用試験まで幅広く実施しています。
定型試験はスピーディに、速用試験はお客様のご要望に沿って提供しています。

チャレンジテスト

保存効力試験(チャレンジテスト)
日本薬局法(JP)に準拠し試験を実施いたします。

有用性試験の詳細

培養細胞を用いた試験からヒト有用性臨床試験まで、開発段階に沿って各種試験をご提供しています。
様々な試験のカスタマイズにご対応いたします。

有用性試験

in vitro有用性試験
国内試験機関およびフランスの試験機関において、培養細胞を用いた有用性試験を承っています。テーマは、美白、UVストレス、抗酸化、抗老化など各種ございます。

ヒト有用性臨床試験

ヒト有用性臨床試験
お客様のご要望に合わせて、試験デザインをカスタマイズし、
日程・費用をご提案いたします。
評価機器も豊富に取り揃え、様々な測定項目に対応することができます。

SPF/PFA測定

SPF/PFA測定
日本化粧品工業連合会ガイドラインに沿った
SPF/PFA測定を随時、実施しています。
更に、海外ガイドラインによる測定もアメリカやフランスの提携機関で対応いたします。また、SPF耐水性測定試験にも対応いたします。