アレルギーテスト(RIPT)

ヒトを対象としてアレルギー性について確認する代表的な試験法としてRIPT (Repeated Insult Patch Test)が挙げられます。
あらかじめ皮膚アレルギー性リスクがないことを十分に確認した上で、ヒト皮膚アレルギーを起こさないことを確認するために実施されています。

アレルギーテスト(RIPT)のご案内&年間カレンダーはこちら

アレルギーとは・・・

~皮膚アレルギー発症のメカニズム~

化学物質がアレルギー性接触皮膚炎を誘発する性質を皮膚感作性という。
皮膚感作性は、被験物質(化学物質)を皮膚に繰り返し接触させ、その後に被験物質を単回接触させることにより生じる紅斑、浮腫、落屑などの変化 を指標とする特異的皮膚反応である。
アレルギー性接触皮膚炎は遅延型過敏症とも呼ばれ、細胞性免疫、特に活性化されたTリンパ球がその反応の主体となり、花粉症やアトピー性皮膚炎のような抗原抗体反応を主体とする即時型アレルギーとは発症機構が異なる。

アレルギーテスト(RIPT)のご案内&年間カレンダーはこちら

アレルギーテスト(RIPT) ご依頼のタイムフロー

ヒト安全性試験

引用元:接触皮膚炎診療ガイドライン 2020
    化粧品の安全性評価に関する指針2015  【編集】日本化粧品工業連合会(’15.11)
    安全性試験の教育・研修テキスト第4版 一般社団法人日本安全性試験受託研究機関協議会